プロフィール

ふじけ

Author:ふじけ
・今
日本一島の数が多い県にて大学生(08年03月まで)
日本に一番近い国にて交換留学生 (09年03月まで)
日本一島の数が多い県にて研究生(10年02月まで)
日本に一番近い国にて大学院生 (12年02月まで)

・出身
本州最西端の市

・夢
東京までバイクで行く!!(2006年8月まで)事故の為失敗
洋画家!!(2009年1月より) 永遠の夢
具体的な内容。
50代後半 職場で人脈を作りながら図画教室を開く
その後未定

・スキなもの
美術(観賞、作品制作) スピッツ (2011年12月変更)

・キライなもの
うに おばけ

・性格に相応する日本語
当たって砕けろ
しかし、石橋を叩いて渡る 様に生きなければ後悔が多い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリーカフェ


最近韓国ではカフェが増えています。
なぜ増えたのかと言うと、
数年前に人気があったドラマの主人公が何やらバリスタというものだったそうです。
バリスタは古代兵器の弓ではありません。
言語はイタリアでコーヒーを注ぐ人という意味だそうです。
それでその人気を狙ってバリスタの資格制度を民間の協会が作って
バリスタ称号なんてのが出来ました。

本場イタリアはというと本来そんなものは無いそうです。

何か商業戦略と言うか、まぁ楽しんでやってるんでいいんじゃないですか?

本題からそれてしまいました。
で、そのカフェを構える継いでに装飾として絵を飾ろう!
じゃぁ一般の人たちに無料でカフェを展示場として貸してあげよう!!
という流行でどんどんどんどん増えています。

最近は僕の学校の前にもいくつもあって 溢れかえっています。
学校の前だけではなく、先輩や友人もそうやってカフェを経営するようになっています。
そんな感じで僕にも展示をやらないか?という声がかかったのですがー
断りました。
その理由は 後で話すとして。

勿論僕だけではなく、友達にも声がかかるわけですよ。
或いは先輩が「○○のカフェでやったんだけど、やってみない?」という風に
で 先日友人の展示を見に行ってきたんですが~

やっぱりこんなものか、というのが正直な感想です。
もうちょっと具体的に言えば 絵が正しい場所にない。という事。
悪く言えば場所と絵が似合っていないという事。
浮いて見えたり、ただの落書きに見えたり、
カフェは コーヒーを飲む場所 話をする場所、という事を考えると。
うーん 難しい。 いい意味で目に付く絵を描かないといけないし、
カフェにあわせるように作品を作らないといけないだろう。
何かを表現しようとして 絵を描いていたり、展示会のように絵を描いていると
なかなかそういう絵は描けないし、今学生の身分であると言うことを考えるとそんな時間はもったいない。お金をもらえるわけでもないしね。

自分の表現するものとカフェが合えば良いけれど、それを見つけるならば普通のギャラリーで展示をしたほうがいいだろう。
僕の師である井川惺亮先生のようなインスタレーションだったら むしろいいかもしれないけれど、
僕の友達の中では中々そんなインスタレーションをするような奴もいない。

僕もそのうちの一人、客寄せの展示が出来ない 言葉だけの未熟者です。

そういうところでも絵を展示が出来たら良いけどなぁーと思いますが
本当に未熟者ですので、更に フッ 
やっぱりカフェの店主から見たら客寄せが一番大きな必要事項だから。
それに答えることが出来なかったら 駄目じゃんじゃん


見に行った ギャラリーカフェにあった友達の絵には 歩く足が描かれています。
後ろから見た足でひざの裏よりちょっと上から下が描かれた作品。

どこに行こうとしているのか?カフェギャラリーの壁で その表現は一人歩きしていました。
スポンサーサイト

<< 2011年のうちに | ホーム | はぁ~とため息一日500回 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。